個展について大切なお知らせ

Instagramの方がメインになっていて、このページはほぼ更新していませんでした。

世界中をコロナウィルスが暴れまくり、都の外出自粛宣言、教室、各種陶芸指導先も全て休止、アーティストはいとも簡単に経済が破綻してしまう。

自宅のアトリエに篭りながら日本の政治に憤り落胆し気力体力を奪われていくけど、その度にこれに巻き込まれたらコロナウィルス野郎の思う壺だ!と1センチ単位で心を修正する日々でした。


結局のところ表現するのが作り手にとっての光。

光を探して探して探していたら、心に火を灯すような企画も上がってきて、今私の心の中が熱くなりつつあります。


そして大切なお知らせ

4月18日から4月26日まで益子のもえぎ本店で個展を開催する予定でしたが、今回の事態の収束を考えギャラリーと話あい、オンライン上でのWeb個展という形になりそうです。

作品は抽選会方式。当選した方へは郵送でお送りする事になりそうです。

(お近くの方は会場で実物を見て頂く事もできます)


この移動自粛の時に危険を犯してギャラリーに足を運ばなくても良いようにと考えた結果です。


また再度正式にギャラリーから発表があるかと思います。

ひとまず、個展へお越しくださる準備をされていた方にいち早くお知らせしたいと思いました。

みなさん、光をみつめて。

生徒さんの作品

久しぶりに生徒さんの作品をご紹介。

シンプルなのがお好みの生徒さんが多いのでうちの教室は比較的すっきりした仕上がりが多い。

水色と白のツートーンのマグカップ。

小さな一輪挿しも色々で可愛いです。


手のひらの写真集

小さな写真集ができました。

当然個展の前は作品が一番揃うのですが、いつも展示前に撮影する機会が取れないまま。

表情や色合いなど同じ作品には決してならないので、大切にしてくださる方のもとへ旅立ってしまうと感謝の気持ちとともに少し寂しい気持ちも。

今回は台湾のDMの撮影を敬愛するカメラマンの小林未央さんにお願いしたのですが、カメラマンの目線で切り取られた人形達が思いもしない表情や空気感をまとってそこにあり感動したのです。

作品を焼き上げたらそこで終わりと思っていたけど、表現の広がりはまだまだ先がありました。

その写真をみたらこの子達みんな未央さんのファインダー越しにどんな顔を見せてくれるのか知りたくなって撮影をお願いしたのです。

せっかく撮ってもらうのだから、その中からいくつか選んで小さなミニ写真集を作りたいと。

そうして出来た手のひらサイズの写真集。

控えめな感じが可愛いです。




旅の支度

台湾へ持ち込む作品達の梱包を終えやっと気持ちにゆとりが出てきました。

お教室や施設への陶芸指導があるから荷造りは多分前日になりそう。

忘れ物しないように頭だけでも事前準備をしておこうと思うけど、なまとまらないまま。

お客様きてくれると良いなぁ。

そわそわ。そわそわ。




台湾で初の個展やります

夏からずーっとコツコツ作り続けてきた新作達が海を渡って台湾へ!!

学生の頃旅した台湾でまさか個展をすることになるとは。。

思いを込めて丁寧に作り続けてきました。手荷物で運ぶので無事初日を迎えられるか心配ですが、

生徒さんや生徒さんOBも台湾に駆けつけてくれることになって本当にありがたく嬉しい!

生徒さんみんなでワイワイと楽しい旅になりそうです。

これも台湾の魅力のおかげです。

11月23日〜12月1日 台湾 Art Space 563

教室の生徒さんの作品

教室の夏休みも終わり8月の後半戦。

お休みの間に窯の熱線の張り替えも完了。

この夏は年齢による体の変化についていくのがやっとで、田舎の方言でいうと「いやいや〜こわいこわい」→つまり「しんどいわぁ〜!」

生まれて初めての熱中症も経験。今までだったら大丈夫な程度の暑さに参って点滴を打ちました。


そんな中生徒さんの窯出しはとーっても良い感じ!どれも素敵で早く生徒さんにお届けしたい!

絵を生業にしておられるだけあって見事な絵付け。

フリーハンドでさらさらと描いていらっしゃって凄いです。

こちらは別の生徒さん。こちらもフリーハンド!みなさん凄い!

明日はまた他の作品もアップします!

夏が終わると作品も秋の気配のデザインになっていきます。季節を楽しむのが日本の陶芸の特徴でもあるのです!

グループ展のお知らせ

8月31日から益子もえぎ本店でグループ展に参加します。

私は人形、小さな頭像、タイルを出展します。

同い年のジャンルの異なる様々な作り手達が集まる今回の展示。

陶芸、木工、カフェ、食 、空間設計など多種多様。

どんな作品が集まるのか楽しみです。

初日の販売ですが、人気の作家さんが多数いらっしゃるので抽選になるとの事です。

詳しくはもえぎ本店へお問い合わせ下さい。

私の作品は最終日まで飾ってありますので会期中はご覧頂けます。


Another milestone


8月31日〜9月12日

益子もえぎ本店

http://mashiko-moegi.com/gallery.php?exhid=864 






夏休みで親子陶芸

毎日暑くて、個展の為の制作もなかなかはかどらず。焦るけれど頭がぼーっとしてすぐ忘れてしまいます。

さて、世間は夏休み。教室では生徒さんのお子様達がお母さんと一緒に陶芸遊びに来てくれてます。

子どもクラスは只今休止中なのですが、夏休み中は生徒さんのお子様も親子で参加OK!

この教室ではご自分の一コマを使ってご家族やお友達を招待する事ができるのです。今日参加のUちゃんはスイスイとロクロ遊び。ハマってます!楽しいみたいでお母さんが「終わりにしよー」と言っても「ヤダー!」とロクロから離れず。

お母さんもお父さんもクリエーターの方なので血は争えないんですかねぇ〜(普通大人でもロクロは難しいのに一人でスイスイ)

ピカソみたいなU画伯!



素敵なアトリエが欲しいの巻

つかの間の晴れ模様だけど、家の湿気は1日くらいでは歯が立たず。相変わらずのジメジメで早く晴れないかしら?と思う今日この頃です。

ところで私、何かとご縁をつなぐという役目が回ってくる事が多いのだけど、今日は友人がリフォームしたステキな米軍ハウスを別の友人にマッチング。本当にステキで実は私も狙っていたのだけれど、1つだけ条件が合わなくて今回私は断念。

素敵な場所で制作する事はきっと作品にも影響を及ぼすに違いない。だから窓からの眺めが良いとか、素敵な床や壁だったりってとても重要。

しかし今のアトリエは手をかけられない物件。だからそんな望みは諦めていた。けれどこうして友人の内覧に立ち会うと、素敵なアトリエを持ちたいと頭の片隅でぼんやり描いている夢がはっきりとしてくる。ああ、、、。(それほどその米軍ハウスはステキだったのだ)


八月末の益子もえぎ本店でのグループ展の制作と11月の台湾での個展の制作を同時進行しながらステキアトリエ計画の妄想が止まらない。



陶芸指導 (障害者施設編)

週に一度、障害者施設で陶芸の指導をしている。

陶芸指導といっても教えて作って貰うというよりは、利用者さんの光るものを一粒づつ拾い集めるような感じ。

何気ない行動の中でそんな一粒を見つけると興奮してしまう。

素焼きの大きめなビーズに色を塗ってもらう作業の中で、こんなにも美しく並べている。

このビーズはここでなくてはならない。といったこだわりが手元から感じ取れるから見ていて興味深い。

これを大きな場所で沢山並べたらどんな風になるのだろう、、見てみたい!