素敵なアトリエが欲しいの巻

つかの間の晴れ模様だけど、家の湿気は1日くらいでは歯が立たず。相変わらずのジメジメで早く晴れないかしら?と思う今日この頃です。

ところで私、何かとご縁をつなぐという役目が回ってくる事が多いのだけど、今日は友人がリフォームしたステキな米軍ハウスを別の友人にマッチング。本当にステキで実は私も狙っていたのだけれど、1つだけ条件が合わなくて今回私は断念。

素敵な場所で制作する事はきっと作品にも影響を及ぼすに違いない。だから窓からの眺めが良いとか、素敵な床や壁だったりってとても重要。

しかし今のアトリエは手をかけられない物件。だからそんな望みは諦めていた。けれどこうして友人の内覧に立ち会うと、素敵なアトリエを持ちたいと頭の片隅でぼんやり描いている夢がはっきりとしてくる。ああ、、、。(それほどその米軍ハウスはステキだったのだ)


八月末の益子もえぎ本店でのグループ展の制作と11月の台湾での個展の制作を同時進行しながらステキアトリエ計画の妄想が止まらない。



陶芸指導 (障害者施設編)

週に一度、障害者施設で陶芸の指導をしている。

陶芸指導といっても教えて作って貰うというよりは、利用者さんの光るものを一粒づつ拾い集めるような感じ。

何気ない行動の中でそんな一粒を見つけると興奮してしまう。

素焼きの大きめなビーズに色を塗ってもらう作業の中で、こんなにも美しく並べている。

このビーズはここでなくてはならない。といったこだわりが手元から感じ取れるから見ていて興味深い。

これを大きな場所で沢山並べたらどんな風になるのだろう、、見てみたい!


お教室

あっという間にもう7月。

雨の日が多いけれど今日もお教室は賑やかでした。

簡単なたたら作りのお皿に化粧を施して、黒で絵付けをしています。

黙々と集中して仕上げました。かわいい。

お皿の絵付けってバランスが難しいのですが、生徒さん上手です。

焼き上がりまでゆっくりのんびりの教室です。



てのわ市、ありがとうございました

スーツケースいっぱいに作品を詰め込んでゴロゴロと到着したのはてのわ市会場。既に沢山の作家さんが慌ただしく準備に励んでいました。

私のブースは大きな木の木陰。暑い一日になりそうだと天気予報でしきりに言っていたのでビビっていたけれど案外木陰というのは涼しいのですね。

(とはいっても暑いけれど)沢山の魅力的な作家さんの物や骨董とか妖怪占いとか?音楽やフードも色々あってムズムズ。(妖怪占い超気になった)

最近、クラフト市では新作を持っていって反応をリサーチするようにしてます。いつもと違う作品達に馴染みのお客様は全然違いますね!と驚いていたけどそれで良いのだ!

沢山のお客様に色々感想頂けて青の釉薬も好評でしたので、今後の参考にしたいと思います。

私は散々迷って苔むす木工さんのリャマ?と、もう10年近くアトリエで使っていてとても気に入っている関田くんの小さな鍋を自宅用にも思い切って購入。

ミルクを温めたりチャイとかほんの少しのソースを作るのにも丁度良いのです。

体力を使うけれど作家さんやお客様との直接の交流は楽しいですね。暑い中ありがとうございました。

明日はてのわ市

明日はいよいよてのわ市。スーツケースに作品を詰め込んでどっこいしょ!とまいります!

天気予報では熱中症注意と言ってます。

ただでさえ暑さに弱いのに猛暑だなんて、暑いのやだなぁーとビビってます。私大丈夫かしら?

日傘やら保冷剤やら虫除けやらハンディファンまでせっせと準備したらばさらに荷物が重い。

とにかく皆様のお越しをお待ちしてます!



新作試作品、その2

試作品が焼きあがりました。

なかなかどうして、これ、こうみえて凄い手間がかかります。可愛いけれど、沢山作るとなると、、、

このトルコ青の器たち、日曜日のてのわ市に持っていきます。沢山はないけれど、てのわ市みたいなクラフトイベントって新作をお披露目するには丁度良い。手に取るお客様の反応を見ることができるし参考になる感想も聞けるし。

搬入に車を使えないので大荷物と暑さでへばりそうな予感です。


 


生徒さんの作品たち

久しぶりに木曜日の教室は賑やかな一日になりました。GWはみなさんご家族とのお出かけやらなんやらで忙しく、今週あたりからやっと一段落していつものペースに戻ってきたようでみなさん自分の為の時間を楽しんでいらっしゃいました。

生徒さんの作品写真をいつも撮影し忘れてうっかりですが、今日もご紹介。

滑らかなマットのマグカップ。

オフホワイトとグレーともブラックともいえないツートンカラー。マチエルが美しい。

釉がけ会で間違えてツートンカラーにする予定が二重がけになってしまった角皿。濃いべっ甲色がデザインとぴったりで結果オーライでした。釉がけ会ではご自身で釉がけをするのでこんなサプライズもあります。


新作試作

試作品の窯出し。騙し騙し使ってた窯の熱線がいよいよダメで、低音で長く引っ張ったせいでトルコ青が焦げ焦げに。

窯の熱線の交換は生前の父に散々叩き込まれたのにうる覚え。この忘れっぽささえなければもう少し優秀だったのではないのかー?でも焦げた感じもまた面白いかもー。 #kayosuzuki #ceramic#鈴木佳世#陶芸#トルコ青#皿#てのわ市#武蔵国分寺公園

ご自愛週間

暑い一日でした。ちょっと体調不純が続いていたので整体へ。もともと体質的に関節が弱くあちこち痛くなりがち。無理はしないようにしているのだけれど、何をどう気をつけていてもダメな時はダメになる。このGWに痛めた手首は整体の先生に調整していただいててかなり楽になった。ありがたや。


先日の窯出しで生徒さんの皿が味わい深くていい感じ。

最初はランプシェードになる予定が、ご主人がガラスのシェードを買ってきて用無しになっちゃったとの事で器になった。


生徒さん作品窯出し

先日の釉がけ会のその後。

(お教室では時々生徒さんらと窯場のある工房の方で釉がけ会をやっています)

還元の窯と酸化の窯、二つ分の窯出し。

生徒さんのお子様が釉がけを手伝ってくれたのでご褒美に絵付け体験をやってもらいました。

お皿はこちらで素焼きしたものを用意して、そこにゴスで描いて透明釉で仕上げ。

屈託無い伸びやかで可愛い一品に仕上がりました!


猫好き生徒さんのネコマグも良い感じ。


コロンと可愛いこちらは花瓶のようでいて鉛筆立て。今これを作った生徒さんは京都で焼き物の勉強中。頑張ってるかなぁ〜?

手間暇かけて作られた作品達は、どれも素敵な一品ばかりです!