てのわ市、ありがとうございました

スーツケースいっぱいに作品を詰め込んでゴロゴロと到着したのはてのわ市会場。既に沢山の作家さんが慌ただしく準備に励んでいました。

私のブースは大きな木の木陰。暑い一日になりそうだと天気予報でしきりに言っていたのでビビっていたけれど案外木陰というのは涼しいのですね。

(とはいっても暑いけれど)沢山の魅力的な作家さんの物や骨董とか妖怪占いとか?音楽やフードも色々あってムズムズ。(妖怪占い超気になった)

最近、クラフト市では新作を持っていって反応をリサーチするようにしてます。いつもと違う作品達に馴染みのお客様は全然違いますね!と驚いていたけどそれで良いのだ!

沢山のお客様に色々感想頂けて青の釉薬も好評でしたので、今後の参考にしたいと思います。

私は散々迷って苔むす木工さんのリャマ?と、もう10年近くアトリエで使っていてとても気に入っている関田くんの小さな鍋を自宅用にも思い切って購入。

ミルクを温めたりチャイとかほんの少しのソースを作るのにも丁度良いのです。

体力を使うけれど作家さんやお客様との直接の交流は楽しいですね。暑い中ありがとうございました。

コメント