陶芸指導 (障害者施設編)

週に一度、障害者施設で陶芸の指導をしている。

陶芸指導といっても教えて作って貰うというよりは、利用者さんの光るものを一粒づつ拾い集めるような感じ。

何気ない行動の中でそんな一粒を見つけると興奮してしまう。

素焼きの大きめなビーズに色を塗ってもらう作業の中で、こんなにも美しく並べている。

このビーズはここでなくてはならない。といったこだわりが手元から感じ取れるから見ていて興味深い。

これを大きな場所で沢山並べたらどんな風になるのだろう、、見てみたい!


コメント