自宅のアトリエ

立川のアトリエとは別に自宅の庭先には父の陶芸工房があります。私の陶芸のルーツは父で陶芸の生き字引みたいな人でした。教室もやっていた為に電動ろくろが8台位あって何しろそこいらの大学くらいの材料や設備があります。父の生徒さんも皆独立して立派な作家さんに成長していて、今日その1人が今はもう使わないロクロ達を引き取りに来ました。久しぶりの工房に昔を思い出して泣いていました。私も数台のロクロを残してガランとした工房をみるとちょっと泣けてきました。私が学生の頃も大人になってからも自宅にはいつも生徒さんの笑い声が響いて昼頃に寝坊して起きてくるとおトイレを借りに来た生徒さんに出くわして恥ずかしくなったりしてました。

 

これからは少しずつ自宅の工房も再開させたいと思っています。最近は立川の教室とは別に自宅の工房で釉がけ会もしています。お弁当持って一日がかりでワイワイ釉薬をかけると重労働が楽しくなります。

pouer's studio  陶芸教室

コメント